ヨガだけでなく、日々の豊かな


クラシカルハタヨーガ

8月28日、29日と齊藤先生によるクラシカルハタヨーガがあり、初日は先生のクラスの行い方を学ばせてもらいました。
   
カイヴァリヤダーマでのクラシカルハタヨーガは、ポーズを長くキープするもの、短く行い複数回行うものがあり、どのような方でも参加できるようになっています。
  
1日目は初級編としてのアサナを行いました。
簡単なポーズでありながら、目を閉じポーズを長くキープする事で身体に負荷をかけつつ、自身の内側をみていく事で、緊張している箇所を探しては解いていき、身体の内部のスペースを探求し、心身ともに解放に向かわせてくれるものでした。
呼吸は、コントロールせず自然な呼吸で行います。
    
無理なくキープするには、自身のコアをみつける事。
目を閉じているので普段のプラクティスの感覚とは違い、始めのうちは思考が働きすぎたり、安定に欠けているように見えましたが、ポーズが進むにつれアサナが安定していくのを感じまた。

終わった後は、無駄な緊張がとれた上でのアサナが出来、普段より可動域が広がったりと、みなさん普段とは違った感覚をもたれていた様でした。
  
   

2日目は、自身も参加し前日のクラスとは違い、アサナをコンスタントにされている方ばかりだったので、ポーズは少し上級向けとなりますが、行い方は同じで意識の向け方や身体の内部にスペースを作る事を大切に行いました。

前日のクラスでもガイディングで背骨の前屈・後屈・側屈・捻転・伸展・圧迫を意識させてもらえるので、普段よりも背骨にスペースを作る事に意識を向けることが出来ました。
  
  
色んな流派のヨガをされている方が来られていましたが、今回の意識の向け方は、普段のプラクティスに役立ってくれると思います。
ヨガと身体のこと - -
<< NEW | TOP | OLD>>