ヨガだけでなく、日々の豊かな


素子先生からのメッセージ
〜2015年プラーナーヤーマ連続講座開催に対する想い〜

2012年からプラーナーヤーマの集中コースを各地で開催させていただき、2年が経ちました。その間に、2日連続の集中コースに加え、誰にでも安全に実践していただける基礎的なハタヨーガをお伝えするエッセンス講座の開催もありました。そして、今年は、1か月に1回のペースで4か月かけて実践を重ねることを主な目的にした連続講座を全国6都市で開催致しました。

連続講座の開催目的は、ご自身のプラーナーヤーマを中心とするハタヨーガの実践を深めていただくことは勿論ですが、将来的にヨーガセラピーを学んでいただく時に、必要不可欠な実践の技術と理論をお伝えすることにありました。

将来的に・・・と考えていたものの、つい先日までは、実際には白紙の状態でした。これから計画していこうと思っていた矢先、今学んでいるカイヴァリヤダーマ・ヨーガ研究所で2016年1月に日本人対象のヨーガセラピーコースの開催が実現することになりました。
2週間のコースになります。ヨーガセラピーの基礎講座としての開催ですが、2週間でお伝え出来ることは非常に限られています。このコースを企画するにあたり、ティワリジ(Shri O.P. Tiwari師)から、日本であらかじめ基礎となるハタヨーガの実践を伝えることが開催の条件とのアドバイスをいただきました。
ですので、2016年1月のヨーガセラピーコースは基本的に、連続講座で学んでいただくことが参加条件となります。

2015年は、福井、金沢、大阪、神奈川で連続講座を開催致します。
ヨーガセラピーをカイヴァリヤダーマ・ヨーガ研究所で学び、今後の活動に活かしていきたいと考えていらっしゃる方は、是非、ご参加くださいませ。
皆様と一緒に学べることを、楽しみにしています。
有難うございます。

Yoga & Wellness Chandra主宰  齊藤素子



 
ヨガと身体のこと - -
継続すること
週に1度のペースで自閉症の成人男性の方にヨガを教えています。
出会って3年ほどになりますが、当初は、呼吸がままならず鼻から吸うのも難しく、出来る様になっても呼吸が止まったり、口から吐くといった感じでポーズを行うのも難しく、身体は過緊張からか肩や首の筋肉が異常に硬直していました。

今でもチャイルドポーズの際に、頭をマットに付けようとせず身体を緊張させてしまってます、、、、

それでも少しづつ呼吸が出来る様になり、ポーズが出来るようになり、毎日何度も家で練習しているそうです。

その時々で本人の中にテーマがある様で、ある時期は瞑想を行うかの様にじっと30分ほど座ってたり、呼吸の練習を延々と続けたり、頭がスッキリするまで行ってたりと、、、、

リズムよく行うのは、まだまだ苦手だけど、身体の柔軟性・バランス感覚・呼吸と継続していると、こんなにも変化するものなのかとビックリしています。

最近は、ヘッドスタンドに取り組んでいますが、サポートせずに一人で出来るまでになっています。


継続すること。
形ではなく日々向き合うことの大切さ。
無限の可能性。
伝えることを通して、色んな事を感じさせられます。


ヨガと身体のこと - -
リストラティブヨガ
慌しい日々が続き、マインドが落ち着かない時。
普段は朝にヴィンヤサ系のポーズを行い心身ともに目覚めさせるが、仕事前にリストラティブヨガを行うのも良い。
色々な知識を経た上で何をチョイスするかです。
ヨガと身体のこと - -
クラシカルハタヨーガ

8月28日、29日と齊藤先生によるクラシカルハタヨーガがあり、初日は先生のクラスの行い方を学ばせてもらいました。
   
カイヴァリヤダーマでのクラシカルハタヨーガは、ポーズを長くキープするもの、短く行い複数回行うものがあり、どのような方でも参加できるようになっています。
  
1日目は初級編としてのアサナを行いました。
簡単なポーズでありながら、目を閉じポーズを長くキープする事で身体に負荷をかけつつ、自身の内側をみていく事で、緊張している箇所を探しては解いていき、身体の内部のスペースを探求し、心身ともに解放に向かわせてくれるものでした。
呼吸は、コントロールせず自然な呼吸で行います。
    
無理なくキープするには、自身のコアをみつける事。
目を閉じているので普段のプラクティスの感覚とは違い、始めのうちは思考が働きすぎたり、安定に欠けているように見えましたが、ポーズが進むにつれアサナが安定していくのを感じまた。

終わった後は、無駄な緊張がとれた上でのアサナが出来、普段より可動域が広がったりと、みなさん普段とは違った感覚をもたれていた様でした。
  
   

続きを読む >>
ヨガと身体のこと - -
呼吸と向き合い
先週の呼吸法講座から1週間が経ち、色々と気づけてきました。

アシュタンガヨガを長年し、下腹部を凹まし胸で呼吸するウジャイ呼吸を行いますが、
どうしても下腹部を凹ますという事が、普段の生活の中で下腹部を緊張させてしまうと
いう事を助長させてしまいます。。。(僕の場合は)


ロルフィングやロルフムーブメントの時も、先生から下腹部の緊張をとる事、下腹部を
ポッコリさせるのが良いのだよ!っとよく言われますが、気づけば下腹部を緊張させて
しまってます。


ヨガを始めて10年が経ち、色んな事を学んできましたが、学んでいくものが基礎をふま
えた上での新たな知識となっていき、基礎に立ち返る機会が減ってきています。
続きを読む >>
ヨガと身体のこと - -
今朝の練習
今朝は、昨日の疲れもあり、一旦リセットしたく、呼吸法はお休みしてアサナのみを。

以前とは違い、今は無理の無い範囲でのアサナを行っていますが、それでも色んな滞りを
感じながらのプラクティス。

今朝も、いつもと同じように練習を始めてみると、身体的に左右のバランスが整っており、
身体の中の滞りも感じず、呼吸も気持ちよく入っていき、疲れが残らない久々に深く心地
よい練習が出来、穏やかな一日。


昨日、一日呼吸に意識を向けていたのが今朝の練習に色んな影響を与えてるのだろうけど、
あまり考察せず、この感覚を大切にしていこう。

ヨガと身体のこと - -
プラーナヤーマ連続講座 1
斉藤素子先生によるプラーナヤーマ連続講座が始まりました!
今回は忙しいスケジュールの中、少人数にも関わらず開催して頂きとても
感謝しています。
先生がプラーナヤーマの良さを伝えてくれる、この機会を大切にしていきたいと思います。


今日は、連続講座の1回目。
「プラーナヤーマとは何か」をテーマに、スピリチュアルに傾倒しすぎる事なく、理論づけ
られた事に基づき、『Don't Think !!  Just Feel !!』(考えるのではなく、ただ感じよう!)

どうしても、知識の上で理解し、解明していきたくなるが、体験に基づいたものではないので
まずは実践していき、効果を感じ、それから知識へと。


っとは言っても、普段行っているプラーナヤーマが如何に表面的なテクニックで、目的意識の
薄い練習をしていたのか、順序立てて説明して頂き、練習への取り組み方が明確になりました。


続きを読む >>
ヨガと身体のこと - -
自閉症の方へのヨガクラス
以前の日記にも書いていますが、月に3回のペースで自閉症の成人男性の方へ
プライベートクラスを行っています。

秋になり、窓を全開にしても気持ちよくヨガが行える季節になり、やはり開放感も
あり気持ちいいです。

家の改修もあって一般クラスはお休みさせてもらっていますが、もうすぐ再開になり、
新たにシヴァナンダヨガクラスも行っていきます!!!


さて、今日のプライベートクラスでは、呼吸がスムーズに出来るようになり、ポーズも
覚えてきたので太陽礼拝でダウンドックからジャンプして戻ってくる練習をテーマにし
ていました。
続きを読む >>
ヨガと身体のこと - -
<< | 2/3 | >>